テレパシーを使って人とコンタクトする・・。

 

 

まるでSFの世界みたいだけど、

それができるのがハートなんだと思う。

 

 

私が人のハートに触れる時

その人のスピリットの信号を受け取る。

 

 

声ではなく信号。

 

 

いろんなタイプの信号があって

ハートは声をかけると反応して

瞬時に信号を伝える。

 

 

柔らかいの、温かいの、冷たいの、硬く閉ざしたり、

優しかったり、痛かったり、広がっていったり・・・

 

 

そしてビジョンを見せてくる。

 

 

そうやってハートとコンタクトしてる。

 

 

宇宙人?笑

 

 

いや、もともと誰もがテレパシーで話していたんだよ。

 

 

 

 

 

 

今まで、そうやっていろんな人のハートと

テレパシーで会話してきた。

 

 

ハートは正直だから、その人が本心と違うことを言ったり

感じることを否定してもハートは信号を送り続ける。

 

 

ハートは嘘をつかない。

 

 

自分では感じないようにしてきた

得体の知れない「想い」も

とても大切なその魂からのメッセージ。

 

 

そこに触れると自分が崩壊しちゃうんじゃないからって

絶対に見たくないって、その人のマインドは言う。

 

 

どうしてもネガティブにとらえがちだけど

どんな記憶もメッセージも

ジャッジはしない。

 

 

私は手でハートで感じて

伝えて、その人の意識を拡大させるだけ。

 

 

感情よりずっとずっと深いところから

聞こえるその人の真実の声。

 

 

最近思う。

みんな、すぐそこまで顔を出している。

 

 

 

 

 

 

それは神秘的な体験だよ。

 

 

みんな自分のハートには

神様の自分が住んでる。

 

 

ハートが活性して

感じ続けると会えんだよ。

 

 

私たちは物質ではない。

 

 

創造をリアルなモノにしちゃうのが

ほんとの自分の正体。

 

 

ハートの中と外がひっくり返ってしまうんだよ。

ハートの中が本物の世界だって・・・。

 

 

 

 

 

 

だったら、自分のハートの声にフタをすることが

どれだけ馬鹿馬鹿しくて、意味の無いことかわかるよ。

 

 

どうせならハートに正直に生きた方が

居心地のいい、自分が自分らしく

いられる世界になる。

 

 

フタをして、違うことを創造した時

それは現実の世界に現れるよ。

 

 

そのまんまのハートの声が

最高に居心地のいい世界を創っていくし。

 

 

まだまだ今の自分を超えられると

私も思っているのだ。笑

 

 

 

*4月21日函館の宇宙会議の様子

 

 

宇宙会議ってより、宇宙人大宴会になった。笑

30名近くの皆さんが交流したよっ。

 

 

私とヨッシーが各地で行っている

「ハートの宇宙の大切なお話WS」

では、ハートの宇宙が広がる種を

一人ひとりに渡してるんだけど

 

 

ここでもヨッシーに続き、じゅねちゃんも

白老のミッションで受け取った神聖な女性性の種を

みんなのハートに送っていたよ。

 

 

 

 

 

 

 

種っていうけど

完全にハートの起爆剤bomなんだよね。

 

 

ハートの中心に入る
ものすごく、ものす
ごく

重要なエネルギーSMILY

 

 

 

WS中に発芽する人はわずかだけど

それぞれのタイミングでいつかは

バホッ四葉のクローバーって芽がでる。

 

 

そして花が咲くのだ花

 

 

 

道南はこれからエネルギー的に活性し

大詰めを迎えるのだなー。

・・・なんて感じながら函館で過ごしていた。

 

 

 

そして22日はヨッシーが講師のクリスタルWS

 

 

 

 

 

クリスタルは高次元の意識を持った生命体。

 

 

浄化したり、活性したり

次元を超えて

大切なこと伝えてくれる。

 

 

宇宙が用意したサプライズがあった。

リアルに次元の違う感覚が会場に起こって

みんなで体感したね。

 

 

それまで、私とヨッシーには

水面下で記憶の再現が起きていたんだ。

 

 

出会う人、見せられることが記憶とリンクして

とてもキツイ時があった。

 

 

クリスタルWS中に昔の自分の感情のエレメントが

抜けて返っていったのを感じた。

ヨッシーも同じ瞬間に感じていた。

 

 

一通り見た。感じた。理解した。笑

そんなこともあったんだよー。

 

 

 

ニューアンジュレーションプラクティショナー養成講座

 

あゆかさん、サンミ君、かおりさん

 

 

あゆかさんが親切に自宅で講座をと・・・。

お昼ごはんまで用意してくれてありがとうございます。

 

 

あゆかさん、かおりさんは

ニューアンジュレーションのプラクティショナー

 

サンミ君はニューアンジュレーションヒーリングの

プラクティショナーになりました。

 

 

ここでお知らせです。

ニューアンジュレーションのサイトが変わりました。

新しいURLはコチラ http://newundulation.net

 

 

サイトは今後、私の方で管理していくことになりました〜

質問、お問い合わせなどは

tabasago1012@gmail.com へお願いしますあひょうパンダ

 

 

 

 

 

 

個人セッションでは、ハートを通して

その人その人の高次の光の本質に

出会わされましたよっにじ

 

 

セッションでは皆さんに

ハイヤーセルフの意識体と

融合してもらいました。

 

 

今後が楽しみですっき

 

 

めちゃめちゃ、てんこ盛りの函館だった。

 

 

お忙しい中を様々なプログラムに

たくさんの皆様にご参加いただき

ありがとうございましたニコッ

 

 

またお会いするのを楽しみにしています!!

 

 

 

 

 

 

□5月13日(土)

「ハートの宇宙の大切なお話」WS 札幌

おかげさまで定員となりました!

 

 

賛否両論が巻き起こっていると

いろんな所から耳に入ってきます・・・笑

 

 

そりゃそうだよねニコ

 

 

ハートの中心に種が入って

その人のハートの宇宙が広がっちゃうんだよ♪

 

 

前代未聞なWSハート

 

 

気になる人は実際に体験してみたらいい。

 

 

WSに参加していただいても

ガッチリハートを閉じている方には

入らないかもしれません。

 

 

受け取りを拒否するのも自由です。

 

 

ただ・・・本気でハートの宇宙を広げたい方に

参加していただきたいと思います。

 

 

なぜなら、私たちも宇宙もガチだから〜筋肉

 

 

 

今回も皆さんのハートの宇宙が広がっていく

光の種をヨッシーがお渡ししていきます。

 

 

私、主催のみゆきさんはハートのエネルギーを送り

WS中に発芽できるものはさせていきたいと思ってますはーと

 

 

ゲストに札幌で人気チャネラー&ヒーラーの

大坂さんが参加します。

会場で高次の意識体と接続して

皆さんに非常に大切なメッセージをお伝えします。

 

 

先日、大坂ちゃん白老にミッションで来た。笑

 

 

札幌、面白いことが起きそうだよっ〜びっくり

 

お申し込みは主催はみゆきちゃん

0cu326092rp295k@ezweb.ne.jp

 

10時〜12時の拡大バージョン

参加費2000円

定員20名

場所 大谷地スミタス

 

 

 

ハートの宇宙の大切なお話」in室蘭

詳細もうちょいお待ちください

 

 

 

□6月4日(日ハートヒーリング初級&中級講座in横浜

横浜ハートヒーリング講座が決定しました!

・3日はお茶会&個人セッションだよっ

詳細は次回ブログで!

 

 

 

Affection&Japanから

ニューアンジュレーションサイト移行しました。

 

ゆっちゃん2年間サイト管理ありがとうございましたキラキラ

 

 

 

 

 

□アジア、ドイツでバックパッカーしながら

ハートヒーリング&

ニューアンジュレーションをしていた

トモミちゃん虹が帰国して遊びにきた。

 

 

 

 

ブログはこちら→とらべらーともみ

*札幌でハートヒーリングやりますよ。

 

若い彼女から、いつも痛烈に刺激を与えられる・・・。

 

トモミちゃんとコラボの絵本が7月完成する予定で

がんばっとります!

 

私も年内に彼女と旅をしながら

ハートを触ってくることにしました。笑

 

いろんな国の人のハート触りたいなー。

って妄想してますmoe

 

 

 

ponnto.jpg

 

 

 

いつも自分の中心にいる?

 

 

他の人がやることが気になる?

評価が気になってしょうがない?

 

 

そういう時は完全に

自分の軸からズレている。

 

 

自分にフォーカスしてみよ。

ハートの中心に戻ってみよ。

 

 

もっと優しく、穏やかな

本来の自分にもどろまばたきにゃん

 

 

最後に長くなりましたがGW白老リトリートびっくり

お申し込みは3日のみとなりました四葉のクローバー

詳細はこちらから

☆Ayukoのsmileブログ☆

 

 

ではアンパンマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする